スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「周りは泥水の海。何もなかった…」 ビル屋上で助けを求めていた菓子店職人、松野浩二さん

SINSAI
《3月12日朝、ヘリコプターで陸前高田市の上空を飛んだ。破壊し尽くされた街。無我夢中で撮影していると、鉄骨だけになった3階建てのビルの屋上で人が助けを求めているのが目に入った。ヘリの燃料はあとわずか。必死でシャッターを押し続けるしかなかった。そして1カ月半。陸前高田市の避難所で、偶然その人に出会った》(写真報道部門井聡)

【岩手県陸前高田市、菓子店「清風堂」職人、松野浩二さん(42)】

 11日午後2時半過ぎ。いつも通りの休憩時間がきた。「お茶が入ったよ~っ」。呼ばれて階下に降りようとしたら揺れた。

 3階で1人仕事をしていた。大型冷蔵庫などが倒れないように必死で支えたが、揺れが収まったとき周りには物が倒れていて部屋から出られなかった。

 「2月にニュージーランドで起きた地震の印象が残っていて、建物が倒壊するのではという恐怖で、いっぱいでした」。ベランダに出て下の人に助けを求めようとすると、外は飛び出した人たちでパニック状態。やはり自力で降りよう。部屋に入ると再び揺れた。もうだめだ。

 そう思ってもう一度ベランダに出たところで、あり得ない光景を見た。海岸沿いの名勝、高田松原のマツが次々となぎ倒されていく。

 「黒く、大きな防波堤が迫ってくるような感覚だった」

 すぐには何が起きているのか分からず、呆然(ぼうぜん)として見ていた。やがて数百メートル離れた巨大な市民体育館の壁が轟音(ごうおん)を立てて吹き飛んだ。津波だ。民家が転がるように流されていく。下の通りにはまだたくさんの人。車は渋滞で動かない。

 とにかく下にいた人たちに上がってくるよう呼びかけ、3階に避難させた。しかし津波は誰も想像しなかった高さで迫ってきた。あっと言う間に、水は3階の高さに達した。

 3階の部屋に何人いたのだろうか。これでは危ないと思って屋根裏部屋に上がるための階段を下ろし、一人ずつ上がった。津波が外壁にたたき付ける大きな音が響く。ちょうど自分が登りきったとき、津波が壁を突き破った。

 「がれきの固まりが突っ込んできた。目の前で社長の奥さんと息子さんが悲鳴を上げながら流されていった。助けられなかった」。あのときに躊躇(ちゅうちょ)なく屋根裏に上がっていたらみな助かったかもしれない、と今も悔やんでいる。

 助かったのは6人。もう一人の従業員と社長、近所の女性。それにたまたま店の前を通りかかった女性と高校生。

 津波が引いたとき、「周りは泥水の海。何もなかった」。

 津波が去った後、自衛隊らしきヘリが、消防署の鉄塔に避難していた署員らをつり上げていたのが、唯一目にした救助の様子。それを最後に夜を迎えた。

 電気のない真っ暗闇。そして寒い。屋内で仕事をしていたので、たいして服も着ていない。屋根裏に戻って探すと、クリスマスに店頭に飾るサンタクロース人形を見つけた。真っ赤な服を脱がせ、身にまとった。

 たまたま見つけたずぶぬれの毛布に6人でくるまった。「何もかもが流されて、6人だけがぽつんと残された」。会話はない。社長は家族を心配して泣いていた。自分も家族がどうなったか分からない。自分たちだけが助かってよかったのか、思い悩んだ。

 夜明けとともに、次々とヘリの音が聞こえ始めた。「屋上に出て手を振りました。でも、みんな素通りしていくんです。まさか、こんな所に人が居るなんて思いませんよね」。市役所や病院など、大きな施設から救助が始まったのを屋上からずっと見ていた。

 「家が心配で仕方がなかった。がれき伝いに行けば大丈夫なんじゃないかと思って、本気で下に降りようとしていた」

 救助されたのは昼頃。気付いた消防団員が建物の周りに並んで目立つようにしてくれた。前の道路に降ろされたが道もなく、消防団員の案内で残った道までがれきの上を歩いた。

 《松野さんたちを撮影したのは午前8時すぎ。遠景写真を撮影中、赤い物が動くのに気づいてズームした。松野さんがサンタの服を着て帽子をこちらに振っていた。「ヘリが旋回し始めたので、気づいてくれたのかなぁと思って」と松野さん。しかし、燃料にも時間にも限りがあった。何もできなかった後ろめたさと悔しさが蘇った》

 自宅のある町に近づくと、所属している消防団の仲間が交通整理をしていた。「死んだと思われていたようで、とてもびっくりしていました」。

 6人の家族は、全員公民館に避難して無事だった。翌日から、消防団員として捜索や遺体搬送に追われる日々を過している。

 「時間がたっても、あの日の状態からずっと同じ。朝起きて、高台にある公民館から出て下を見下ろすとがれきの山。ああやっぱりなぁって。店に行っても夢のような、いや夢であればという思いで、何度も様子を見ています」。その店の再建もまだ望めない。

 《取材の最後に松野さんはこう話してくれた。「写真を見ると自分が写っているのがいまだに信じられません。一歩間違えると、ここに写っていませんでしたから。でもこれを撮影した人と偶然出会って、今こうしてしゃべっている。縁ってあるんですね。動く体があるんだし、何でもやらないと」》

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。